×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ピーリング化粧品1

ピーリング用化粧品と一口に言っても、その種類はいろいろあり、たとえばAHAピーリング、サリチル酸ピーリング、サリチル酸マクロゴールピーリング、TCAピーリングなどといったものがあります。自宅でもできるピーリングの化粧品というと、日本では最も定評を得ているグリコール酸(フルーツ酸)によるケミカルピーリングがあげられます。

ピーリング化粧品2

ピーリングを行う場合、日本人や中国人といった黄色人種の肌の質では、強い効果が出すぎてしまうときがあり、それがお肌にシミを引き起こしてしまうこともあるのです。強いピーリングはあまり適さないと言われています。ピーリング化粧品以外にも、施術としておこなわれるピーリングではグリコール酸(フルーツ酸)を適切に使用することがあります。そのため効果が出過ぎる黄色人種の肌質の場合でも、安全な上に効果的にピーリングが施されるようです。さらに、リチル酸はピーリングに効果のあるもうひとつの成分ですが、これは有機化合物の一つで医薬品としては初めて合成されたものなのです。

ピーリング化粧品3

以前グリコール酸によるピーリングではあまり肌を整えることがなかった人、またニキビの跡が特にひどい人や小ジワが多い人には、このリチル酸を使ったピーリングは効果を発揮するでしょう。ピーリングで使われるリチル酸は、エタノールに解かしてから用いられています。しかしこのリチル酸使用後に炎症などの副作用が起こる場合があることがわかり、安全面を再度検証する必要があるようになりました。そのため施術を行うのは、容易なことではないといわれるようになりました。このようなわけで、日本人のように色素の多い人がケミカルピーリングを行う場合には、副作用の心配のない低濃度のフルーツ酸を繰り返し塗布する、というやり方が一番安心な方法のようです。

Copyright © 2007 ピーリング化粧品の種類